スポットビジョンスクリーナーについて
2020年4月13日より「スポットビジョンスクリーナー」という、眼の検査機器を導入します。お子様の弱視の危険因子を生後6ヶ月以降であれば短時間で検査が出来ます。
視力発達の途中で、ものをくっきり見ることが出来ない状態が続くことは弱視*1)の原因となります。そのため弱視の危険因子*2)を早期発見し、治療することが重要とされています。
*1)眼鏡をかけても視力が出ない状態
*2)近視、遠視、乱視、斜視、不同視、瞳孔不同
検査の流れ
・検査は生後6ヶ月以降に、乳幼児健診や予防接種、普段の受診の際に行います
・検査は体調が良いときがお勧めです
・検査を希望される方は、乳幼児健診や予防接種、その他の診療の際の当日に受付窓口にお申しつけ下さい
・検査のみをご希望の場合は、検査当日にインターネットで一般診療の枠を予約して下さい
・検査に異常があった時は、適切な医療機関(眼科)の受診をご提案致します
費用について
乳幼児/入園前健診/普段の診療の際に実施→健診費用に別途1000円追加
検査のみを希望で受診→2000円

弱視に関しては、「見つけよう!弱視」の動画を参考にしてください